インプラントの症例

インプラントのデメリット

インプラントが果たすメリット

インプラントは医療の現場において、さまざまな形態で施された治療法です。心臓のペースメーカや人工内耳などの器具は、患者自身では十分に機能しない器官の補助を行う役目を果たします。現在では、デンタルインプラントと呼ばれるのが一般的となり、体内に人工の歯を埋め込む治療法を指すものとなります。人工の歯を埋め込む際には、アゴの骨に穴を開ける必要があり、ネジ型の器具の上に歯の部分をかぶせていきます。一見大掛かりな治療法ですが、半永久的に歯を残すことができるので、存分に食べ物を噛んで食べることが可能となります。

インプラントの魅力とは

インプラントの魅力とは何か?治療をすれば自分の歯とほとんど変わらないものになるで、歯を見せる時に、特に笑顔に自信が持てるという事です。加齢や事故等で歯が無くなると歯を見せて笑顔も作りにくいし、人と会って話すのが億劫になります。「あの人歯がない」と思われるのは嫌な気持ちになりますし、ブリッジや入れ歯でもいいですがやはり自分の歯の感覚がないと自信を持てませんよね。あとは食事も楽しむ事が出来ます。自分の歯で噛んで食べる、インプラント治療をすればとても充実します。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科は歯の悩みの相談窓口 All rights reserved